春日井市の注文住宅なら建築家とつくる高性能住宅で
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

春日井市で注文住宅を建てる時の建築費用相場って?建築コストの内訳と事前にやっておくべきポイントをご紹介します!

お金
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.04.16
株式会社GATEの家づくり写真
株式会社GATEの家づくり写真
お金
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.04.16

春日井市で注文住宅を建てる時の建築費用相場って?建築コストの内訳と事前にやっておくべきポイントをご紹介します!

注文住宅イメージ_学習カウンター
せっかく家を持つなら、自分だけのオリジナルが叶えられる『注文住宅』を考えたいけど、いったいどのくらいの費用がかかるのか分からない、という方は結構多いのではないでしょうか?今回は、春日井市の建築相場と、家づくり費用の中身を知って、その上でやっておくべきポイントをお伝えしていきます!
株式会社GATEの家づくり写真
家づくりコストの内訳
これから家づくりを始めるぞ、という時に気になるのが「一体いくらかかるの?」というところだと思います。まずは、この家づくりにかかる費用の全てを知るところから始めましょう!

家づくりにかかる費用は、大きく分けて4つあります。
①土地代
②本体工事費
③付帯工事費
④諸費用

では、一つずつ見ていきましょう!

①土地代

今住んでいる家を建て替える場合や、親族の所有する土地に家を建てる場合には必要ないかもしれませんが、所有する土地がない場合は、新たに土地を購入する必要があります。
ここで言う土地代には、土地そのものの費用の他に、仲介手数料(土地代の3%+6万円+消費税)、契約を結ぶ際の印紙代、土地を購入する際に建物とは別にローンを組む場合はその手数料等も含まれます。
株式会社GATEの家づくり写真

②本体工事費

その名の通り、家の本体(躯体ともいわれる)をつくるために必要な費用です。基礎や鉄筋・柱などの構造体、壁、屋根、家の中の電気配線や水回り設備、クロスなどの内装、外壁や窓などの外装、換気システムも含まれます。
この本体工事が占める割合は、家づくり費用の中でも7割程を占める大きいものです。

注意!坪単価は一律ではない!!

大きい費用にも関わらず、住宅会社毎に本体工事に含まれる内容は違います。よく住宅会社を比較するものとして、「坪単価」(本体工事費を延床面積で割った1坪当たりの費用)が挙げられますが、各社で本体工事費に含まれる内容が違うため、注意が必要です。例えば、坪単価は低かったのに、その住宅会社の本体工事にはサッシ網戸が含まれておらず、実際に工事契約を結ぶ際は、サッシ網戸がオプション費用として金額追加されていた、なんていう話もあります。
■坪単価について詳しく知りたい方は、こちらもご確認ください。
株式会社GATEの家づくり写真

③付帯工事費

②の本体工事に含まれない工事の費用のことを指します。例えば、家を建てる前に、土をならす造成工事や、駐車場や庭などの外構工事、家の中に電気、水、ガスなどを引き込む工事なども、この付帯工事に含まれます。また、古い家が建っていた場合は、解体工事も付帯工事に含まれます。

地盤補強工事も予算確保しておくべき

もう一つ、家をつくる前に地盤調査をして、万一、購入した土地の地盤がゆるかった場合に、地盤補強の工事が必要になる場合があります。その費用もこの付帯工事になります。この地盤補強工事が必要かどうかは、土地を買った後、家の形が決まってからその四方と真ん中地点を測ってからしか分かりません。つまり、家づくりが進んでからしか、費用把握ができません。とはいえ、資金計画にこの補強工事を想定して含めておかないと、工事には少なくとも数十万~かかってくるため、住宅ローンに含まれていないと現金調達が必要になってしまいます。
こうしてみると、資金計画も家づくりにはとても大切だという事が分かりますね。
■資金計画についてこちらもご参照ください。

地盤補強に興味のある方は、こちらのコラムもご参考ください。
■「地盤」も含めた家づくりを!
株式会社GATEの家づくり写真

④諸費用

工事以外の各種税金や、住宅ローンに関わる費用(保証料や事務手数料など)が含まれます。あとは、地鎮祭や近隣挨拶費用なども、工事費ではないけれど、家づくり全体の中には含まれるため、この諸経費に入ります。
また、家の設計に関わる費用は、デザイン料の他に、作図料や模型製作料、また建築士が役所へ申請する費用も合わせて、「設計費」と呼ばれますが、一つの項目として独立している場合があれば、諸費用に含まれる場合もあります。

株式会社GATEの家づくり写真
株式会社GATEの家づくり写真
春日井市の建築費用相場は?
家づくりの全体費用の内訳が分かったところで、「建築費用」って何を指すのか、ということですが、ここでは①の土地代以外の費用としてお伝えいたします。

建築費用の全国平均は、3,935万円

まずは、国土交通省が平成13年度から行っている『住宅市場動向調査』から、令和4年度の調査報告書をみてみましょう。※今回は「注文住宅」に絞ってお伝えします。
全国平均は、3,935万円、三大都市圏平均では4,504万円となっています。三大都市圏とは、東京大都市圏と、大阪大都市圏と、名古屋大都市圏なので、名古屋市の隣りに位置する春日井市は、全国平均と三大都市平均との間にありそうです。
建築費用には、付帯工事も含まれるため、駐車場やガーデン工事にはばらつきがあったり、土地によって水道・電気・ガスのインフラを道路からの引込有無があったり、付帯工事によってどうしても、世帯ごとの金額に差が出てしまいます。建築費用の相場は、大まかに知っておいて損はないですが、重要なのは、ご自身の家づくりの費用内訳を把握することです。
株式会社GATEの家づくり写真
「何を望むのか」を整理する
家づくりにかかる費用の内訳を把握できたとして、次はどこに一番お金をかけるべきか?という話です。結論から言うと、断然「建物」でしょう。毎日の暮らしを快適にするには、土地ではなく建物という考え方です。例えば、土地費用がかかりすぎて、建物にお金がかけられず、夏は暑くて冬は寒い家になってしまった、というのは本当によくある話です。では反対に、性能を良くするために予算を大きく超えてしまったら、毎月の住宅ローン返済が大変で、暮らしが困窮してしまいます。これも本末転倒な気がします。では、何が大切かと言えば、費用と望みのバランスです。

快適な生活に、断熱・気密性能が高いのは欠かせない

毎日の暮らしを快適で豊かなものにするために、耐震性能と並んで欠かせないのが、室内気温を一定に保つ断熱・気密性能です。四季折々の風情を感じられていたのは過去の話。今では、家の中にいても体調に異変を感じる異常気象が起こっています。そこで、熱を通しにくい断熱材を使って断熱性能を上げるのと、同時に家の隙間をできるだけ少なくして、その断熱性能をより高める気密性能が重要になってきます。この部分にかかる費用は必要枠ですが、住宅会社によって、断熱・気密性能を上げることが標準仕様でなくオプション扱いになっていると、割高になる場合があるため、住宅会社の見極めが必要です。
■R+house春日井の性能の考え方について詳しく知りたい方はこちら

家族で望みを出し合いましょう!

家の構造については必要枠で耐震・断熱・気密・劣化性能を気にすべきですが、どのくらいの費用バランスで進めるかは、ご家族それぞれで違うはずです。そこは、家づくりに何を望むか、を事前に整理することが重要になってきます。そもそも家づくりをはじめるきっかけがあったはずです。今の住まいが手狭になってきたとか、夏暑くて冬寒いことが耐えられなくなってきたとか、そんなに満足していない家の家賃を払うのがもったいなく感じてきたとか、理由はいろいろあると思います。その上でなんとなく始めている方が多いと思うのですが、まずはその理由から新しい家に求めるものを書き出してみることをお勧めします。さらに、ご家族みんなの要望を書き出してみると、より望みが明確になると思います。
株式会社GATEの家づくり写真
優先順位をつけましょう
ご家族の望みが見えたら、今度は、その望みの優先順位をつけましょう。予算がある以上、望みが全て叶えられるとは限りません。とはいえ、はじめからその望みを諦めるのももったいないです。そこで、どのくらいの重要度があるのかを見える化することで、叶えたいものがより明確になり、諦めてもいい望みも見えてきやすくなります。具体的には、望みを次の3つに区分します。
◎・・・絶対に叶えたいこと
〇・・・できれば叶えたいこと
△・・・余裕があればやりたいこと
この区分をする際に大切なことは、「なぜそうしたいか?」をはっきりしておくことです。例えば、「リビングは大きくしたい。」という望みがあるとして、なぜ大きくしたいのか?を考えるということです。「家族と集える場がほしいから。」とか、「遠くまで見通せると落ち着くから。」とか理由はいろいろあると思いますが、「なぜそうしたいか?」が分かっていると、単純に面積を広げる事だけが答えではなくなります。
下の写真は、リビングがプライベート感のある庭に続くことで、実際より広く感じられます。
広く感じるリビング


こちらは、リビングの上が吹抜けになっているので、縦の広がりを感じられる空間になっています。
吹抜けリビング

このように、それぞれの望みの「なぜそうしたいか?」があると、選択肢が増えるので、より望みを叶え易くなります。予算の中で、バランスよく望みを叶えるため、これから家づくりを始める方は、ぜひ一度試してみてください。
今回のコラムはいかがでしたか?
春日井市で注文住宅を建てる際に、参考にしていただければうれしいです。

さて、私たちは、家づくりをする際の土地選びから一緒にお手伝いいたします。まずは、ご要望とご予算をお聞かせいただいて、望みを叶えるために一緒に考えて動きます!
またR+houseでは、アトリエ建築家がご家族の要望を丁寧に聞き取り、考えつかないアイデアで唯一無二の提案をします!

春日井市を中心に、名古屋市、尾張旭市や瀬戸市といった近隣地域も含めて、予算に合った柔軟な対応をさせていただきますので、まずは、お気軽にご相談ください。お待ちしております。
(ご連絡先:0120-277-556)
#愛知県春日井市#木造 #注文住宅 #新築 #建築相場 #家づくりの基礎知識

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社GATEの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.05.20

春日井市の住みやすさは?
名古屋へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリアは?

株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.12

春日井市で注文住宅を建てる際のお悩み項目ランキング!
~間取り編~

株式会社GATEの家づくり写真
お金
2024.04.16

住宅省エネ2024キャンペーンがいよいよはじまりました!

株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.16

断熱性能(UA値)と気密性能(C値)の誤解?!
春日井市における適度な性能とは・・

前へ
地震防災マップで見る、愛知県春日井市で揺れが強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際に気を付けたいポイントとは?
春日井市で土地を選ぶなら、整形地より変形地?!
~土地を購入する前に知っておきたいこと~
次へ
地震防災マップで見る、愛知県春日井市で揺れが強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際に気を付けたいポイントとは?
春日井市で土地を選ぶなら、整形地より変形地?! ~土地を購入する前に知っておきたいこと~

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

基礎施工

住宅基礎

「住宅基礎なんてどこも同じ。」思われている方が多いと思いますが、実は大きく違います!R+house春日井が毎月開催している家づくり勉強会では、建物だけでなく、地盤や基礎についても、その大切さをお話ししていますが、参加いただいたお客様からは「他では聞いたことがないので勉強になった。」や「目からウロコでした。」などの感想をいただく事が多いです。R+houe春日井は、実際に『高性能基礎HySTRONG』に出会い、これまでの一般的な基礎との違いを実感しているからこそ、一人でも多くの方に、その重要性とリスク回避できる高性能基礎を知っていただきたいと思っています。
SI邸外観

高性能な家づくり

2050年、私達日本はカーボンニュートラルとしており、先進国として世界宣言を達成する構想が既に動いています。(経産省)これに伴い、企業のみならず一般家庭にも様々な規制や義務が始まっています。そんな中、住宅を造る我々は、住宅性能を高める事で電力依存を最小限にします。それを叶えるのが気密・断熱・劣化・日射遮蔽・耐震・換気・メンテナンスといった性能です。
お引渡し時のひとコマ

完成保証とアフターサポート

家づくりは「お引渡し」で終わり、ではありません。むしろ、お住まいになられてからがスタートです!暮らし始めてからの安心サポートの内容をご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

株式会社GATE
住所
愛知県春日井市如意申町4丁目19-3
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜日