春日井市の注文住宅なら建築家とつくる高性能住宅で
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

愛知県春日井市で建てる平屋のメリット&デメリットをご紹介します!

家づくりノウハウ
公開日:2023.02.16
最終更新日:2024.03.08
株式会社GATEの家づくり写真
株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.02.16
最終更新日:2024.03.08

愛知県春日井市で建てる平屋のメリット&デメリットをご紹介します!

シックな平屋の外観
春日井市でも近年、平屋(ひらや)を求める方が増えています。実際、検索キーワードや、大手ハウスメーカーなど平屋を好まれる方への営業ツールがとても増えています。そんな憧れの、平屋のメリット&デメリットをここでは分かりやすく解説致します。

目 次

平屋のメリット

①階段が無い
②バリアフリー
③太陽光設置面積が広くなる
④性能の確保
⑤メンテナンス性
などが挙げられます。では、これらがなぜメリットなのかを解説して いきますね。

①階段が無い

2階建てには当然、階段があります。その階段は、人が昇降する為のスペースであり、居住空間ではありません。中には階段下を収納にする場合もありますが、天井が階段より低い高さになるため、使い勝手が悪くなる事が多いです。しかし、平屋は、本来階段に奪われてしまうスペースを居住空間として確保出来ます。また、階段は昇降口が限定されるため、廊下として通路を設ける必要がある事もしばしば。単に階段と言っても、階段によって設けなければいけない空間も発生しやすいので、階段が無いだけでも大きなメリットと言えますね。

株式会社GATEの家づくり写真

②バリアフリー

この際のバリアフリーとは、床の段差では無く、階段の昇降による上下動が無くなるという事です。よく耳にするのは、「こどもが独り立ちしたから、2階に上がる用がなくなった。」だったり、体力的な問題によって「2階に上がるのがしんどくなった。」という声です。よって、2階は使われない、用のない部屋となってしまいます。

せっかく付けたバルコニーや2階のトイレ、小屋裏収納、全てが時が止まった様にそのまま放置になりがちです。しかし劣化は進みますので、ある日突然、雨漏れや水漏れ、珍しい例では獣害などが発生します。その点、平屋は目が行き届きやすいと言えます。
 

③太陽光設置面積が広くなる

近年ZEHもスタンダードになりつつあって、太陽光発電を計画される方も増え、新築住宅の計画に盛り込まれます。太陽光は電力に替える太陽光パネルが必要で、たくさんのメーカーが発電力を競っていますが、そもそも太陽光パネルを設置する枚数が多ければ多い程、当然発電力も上がります。単純に、同じ面積の住宅でも2階建てと平屋建てでは確保できる面積が倍、もしくは倍以上変わってきます。併せて、太陽光システムは定期的なメンテナンスも必要な為、平屋の屋根の高さは2階建てよりも低く、メンテナンスしやすいとも言えるでしょう。

株式会社GATEの家づくり写真

④性能の確保

性能とは、ZEHや、高気密、高断熱、高耐震、などが挙げられますが、建物の高さが平屋になるだけで、耐震強度は達成しやすく、実際倒壊リスクはかなり低くなります。それから、断熱や気密工事において、隙間になる場所が少なくなり、気密性能を確保しやすく断熱能力に直結しやすくなります。
平屋外観
 

⑤メンテナンス性

建物は、残念ながら永遠に劣化しないものはありません。なので、むしろ劣化するものとして、いかに劣化によるランニングコストを抑えるか、が重要になります。ランニングコストの代表は、外部の修繕です。外壁仕上げ材の破損や塗替え、シーリングの遣り替えや樋の交換などが挙げられます。そんな時、平屋は職人さんが作業をされる為の作業足場の設置が不要になる事が多くあります。それから、屋根までは4メートル超える高さにはまずならない為、メンテナンスチェックが容易です。何かあった時の修繕対応はすんなり終わる可能性も高くなりますね。

以上が平屋のメリットになります。

■施工事例1:インナーテラスのある平屋
■施工事例2:空を切り取るプライベートな中庭のある平屋

平屋のデメリット

では、デメリットは何でしょうか?「平屋にデメリットなんかあるの?」と思われがちですが、注意深く知る必要があります。
 ①低性能住宅には向かない
②坪単価の最大化
③浸水リスク
④採光時間リスク
では、デメリットを一つずつ解説していきますね。
 
平屋リビング

①低性能住宅には向かない

平屋は地面に近い床面積はほぼ100%であり、屋根に近い面積もほぼ100%と言えます。これもよく耳にしますが、冬になると1階は底冷えして、夏になれば2階が暑い。基礎部分も含めて、壁だけでなく、屋根裏までもすっぽりと断熱材に包まれた建物でない限り、夏も冬も辛く、年中、光熱費がかかってしまう建物になってしまいます。平屋こそ、性能の高い能力の住宅でなければ成立しない建物と言えますね。
 

②坪単価の最大化

①で書いた様に、屋根も基礎も床面積とほぼ同等の面積が必要になります。建物では、総2階建てで考えると、基礎も屋根も床面積のニブンノイチになる事から建物単価は一般的とも言えます。しかも、平屋は、計画敷地面積を広くする必要がありますので、土地を取得する為の予算配分は大きくなります。そんな事から、平屋は【贅沢】と形容される建て方になります。

③浸水リスク

建てるエリアや環境にもよりますが、近年床下浸水するエリアは全国のハザードマップからみても更新されるごとに増えつつあります。そんな浸水エリアでは、最悪2階に逃げて難を逃れ、水が引く、あるいは助けを待つ事が出来ます。しかし平屋では、逃げ道はありません。そうすると、平屋を計画する立地が浸水エリアか、又は浸水を逃れる為の土地造成が必要になってきます。春日井市は一級河川である庄内川が流れていますので、ハザードマップでは色が濃い地域がありますが、治水の取り組みも進んでいますので、土地選びの際は、諸条件を考慮しながら進めると良いと思います。

株式会社GATEの家づくり写真

④採光時間リスク

日本は1つの敷地面積は2階建てに適した大きさに区切られた土地が多く、あたかも2階建てを前提にしているかの様な住宅地がほとんどです。そんなエリアは、当然2階建てに囲まれた敷地になっている事が多く、建て方によっては、お隣りの建物で影になり日照時間が少なくなりがちです。平屋を建てる環境によって、採光の工夫が必要ですね。

以上がデメリットです。

他にもトイレが1台になったり、窓の個数が減らせたり、計画によるメリットで「平屋」を選ぶ理由もありますが、平屋を求める方が増えたのは、外観のデザイン性に憧れる方が多いのかもしれませんね。

春日井市で建てる平屋は・・・

春日井市で考えますと、人気エリアである勝川駅周辺は、土地の坪単価が高いため、広さにもよりますが、平屋を建てようとすると、かなり予算が高くなる事が予想されます。一方、高蔵寺方面のエリアでは、勝川エリアに比べると、坪単価が割とお値打ちな上、面積が広い土地が売りに出ているケースがあります。ただ、土地を購入しようとする際は、いろいろな規制が絡んできますので、お値打ちだからといって、やみくもに購入するのは危険です。土地のWEBサイト上だけでは見えてこない部分があります。まずは、その土地にどういう家を建てられるかという事をよく知っている、住宅会社の方(プロ)に相談することをお勧めします!
株式会社GATEの家づくり写真
平屋を建てるならgate×R+house春日井に
お任せください
私たちgate×R+house春日井は、平屋のメリットデメリットを踏まえて、お客様のご要望をどのようにして叶えていくか、一緒に動いていきます。もちろん、まだ土地をお持ちでない方も、土地選びからお手伝いさせていただきますので、まずは、お気軽にご相談ください。

もっと、平屋の内容について知りたい方は、こちらのページをご参照ください。
■R+house春日井で建てる平屋

■さっそく相談してみる方は、こちらから
#注文住宅 #新築 #間取り #設計 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社GATEの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.05.20

春日井市の住みやすさは?
名古屋へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリアは?

株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.12

春日井市で注文住宅を建てる際のお悩み項目ランキング!
~間取り編~

株式会社GATEの家づくり写真
お金
2024.04.16

住宅省エネ2024キャンペーンがいよいよはじまりました!

株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.16

断熱性能(UA値)と気密性能(C値)の誤解?!
春日井市における適度な性能とは・・

前へ
余白をたのしむ家、とは?
間取り(プラン)はお見合いのようなもの?建築家との注文住宅づくりとは
次へ
余白をたのしむ家、とは?
間取り(プラン)はお見合いのようなもの?建築家との注文住宅づくりとは

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

基礎施工

住宅基礎

「住宅基礎なんてどこも同じ。」思われている方が多いと思いますが、実は大きく違います!R+house春日井が毎月開催している家づくり勉強会では、建物だけでなく、地盤や基礎についても、その大切さをお話ししていますが、参加いただいたお客様からは「他では聞いたことがないので勉強になった。」や「目からウロコでした。」などの感想をいただく事が多いです。R+houe春日井は、実際に『高性能基礎HySTRONG』に出会い、これまでの一般的な基礎との違いを実感しているからこそ、一人でも多くの方に、その重要性とリスク回避できる高性能基礎を知っていただきたいと思っています。
SI邸外観

高性能な家づくり

2050年、私達日本はカーボンニュートラルとしており、先進国として世界宣言を達成する構想が既に動いています。(経産省)これに伴い、企業のみならず一般家庭にも様々な規制や義務が始まっています。そんな中、住宅を造る我々は、住宅性能を高める事で電力依存を最小限にします。それを叶えるのが気密・断熱・劣化・日射遮蔽・耐震・換気・メンテナンスといった性能です。
お引渡し時のひとコマ

完成保証とアフターサポート

家づくりは「お引渡し」で終わり、ではありません。むしろ、お住まいになられてからがスタートです!暮らし始めてからの安心サポートの内容をご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

株式会社GATE
住所
愛知県春日井市如意申町4丁目19-3
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜日