春日井市の注文住宅なら建築家とつくる高性能住宅で
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

春日井市でのはじめての家づくり!注文住宅を建てる際のポイントやコツを教えます。

家づくりノウハウ
公開日:2023.03.12
最終更新日:2024.01.16
株式会社GATEの家づくり写真
株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.03.12
最終更新日:2024.01.16

春日井市でのはじめての家づくり!注文住宅を建てる際のポイントやコツを教えます。

疑問に思っているイラスト
家づくりを始めるための注意点とは?
春日井市で家づくりを始めることにしました!といっても初めてずくしで何からしていいのか分からない!気軽に展示場に行ったら何時間も帰してもらえなくなったとか、予算を知らずに土地を買ってしまって、家を建てる予算が足りなくて思い通りの家は断念、なんて事も。
そうなる前に計画を立てたい、そんな方へ家づくりを始めるための注意点をまとめました。
それではさっそく始めましょう!

目 次

①予算を知る

夢を並べる作業よりもまずは予算です。誰しも、家を計画しようと思えば、叶えたい事が先行しがちですが、どんなに夢を描いても、それが叶う夢なのかさえ分からなければ、何も残せませんね。では、予算とは何でしょうか。ズバリ、月々いくら返済していけるのか、です。「いくら借りられるか」よりも「いくら返済していけるか」です。銀行や建設会社など、信頼できるプランナーさんとファイナンシャルプランを立てて、返済出来る金額がいくらの全体予算になるのかを見定めて下さい。この時、相談した先となんらかの契約や約束をしないようにしてくださいね。まだまだ決め手になる段階ではないからです。
 

②住まうまでの費用を振り分ける

予算は、住宅取得に必要な物事に大きく下記の3つに振り分けられます。
1  建築費
2  土地取得費
3  諸経費
 

1  建築費

建築費は、主に建設部門です。建物や建物に関わる申請手数料も含まれた予算です。多くの建築会社は、皆さんが【坪単価】とおっしゃる部分です。一般的には窓に付く網戸は建物費用に含まれますが、オプションになる会社もあるようです。当たり前だと思っていても無ければ追加予算になってしまいます。カーテンや照明器具、外構費用も予算として含まれるかどうかを見落とさない様にしましょう。
 

2  土地取得費

土地取得費は、主に不動産部門です。土地や土地に関わる申請手数料も含まれた予算です。売出しになっている土地の表示価格には、手数料や登記費用が含まれない事の方が一般的です。更に言うと、お値打ちだからといって安易に購入を決めてしまうと、後から思いもよらない問題に直面する事があります。例えば「地目変更」。購入した土地の地目が住宅を建てるのに相応しくない場合は、地目変更をしなければなりません。それが田んぼや畑などの農地だと、「農地転用」という手続きが必要になるので、費用や時間がかかってしまう場合がある、というわけです。その他にも、土地は一見しただけでは分からない規制があるので、購入前にプロに相談されることをお勧めします。
 

3  諸経費

諸経費は、建設部門でも無ければ、不動産部門でもなく、借入の手数料や保険、建物登記や引越し費用、場合によっては仮住まいも予算として考える必要があります。そして、住宅ローンに含められる費用かそうでないかも重要な考察点です。諸費用は必ず発生するものですから、資金計画から漏らさないよう、覚えておいて下さい!
財布イラスト

③優先順位を決める

住宅取得に当たり、多くの方は必ず、その行動理由があります。結婚、子育て、教育など、人生において重要なキッカケに大きく関わります。そしてその理由は、立地への望み、又は建物に対する望みか、どちらも叶えたいですが、なかなかそうはいきません。そんな時に重要なのが、優先順位です。どうしても見た目が魅力的な物件に惑わされてしまい、本来の目的から離れてしまう事例がしばしば聞かれます。 特に、叶えたい事の最優先順位が「間取り」にあると勘違いすると必ず坪単価のマジックに陥ります。坪単価には一定の基準はありません。先に述べたように、住宅に必要と思われる設備が入っていないまま算出されていることもあるのが現状です。間取りを優先しすぎて、坪単価がお値打ちだからOKとなってしまうと、初期費用の建築コストだけ抑えられて、後からランニングコストが掛かってしまう事が多く見受けられます。コスパと一言だと分かりづらいですが、コストとパフォーマンスを見極める事が優先順位には重要です。その叶えたい事は、将来にわたって豊かな暮らしに繋がっているか、を念頭に置いておくと整理しやすくなると思います。
将来設計イラスト

 

④オピニオンリーダー

①〜③を決めたら、決めたそれが正しい目的にむいているかを見極める必要があります。なぜなら、予算の奪い合いが起きる可能性があるからです。建設会社は建設費、不動産会社は土地売買、費用貸付会社は借入額満額を望みます。土地は購入したが、住宅を取得できなくなった、又はその逆も。そんな事にならないように全体を俯瞰で見てくれるセカンドオピニオンが必要になります。ここで言うセカンドオピニオンとは、中間マージンに頼らず、知識が偏らず、未来のコストや予測が信頼できるかによります。最終的には、セカンドオピニオンよりも営業マンの人柄が決め手になる方が多いですが、契約してしまってからは、営業マンに言った言わないは通用しない、あるいは通用しにくいと理解しておいて下さい。
 

⑤ランニングコスト

住宅ローンは30年〜35年、毎月支払っていく、もっとも長いローンだと思います。しかし、もっと長い毎月の支払いがある事に気付いていらっしゃるでしょうか。それは、光熱費です。住宅ローンが終わっても、何処かに住まい続ければ必ず毎月支払います。ここが高額になれば、せっかく住宅ローンを賢く抑えても、結局なんの努力にも至らない事になってしまいます。
それから、修繕費ですね。修繕費の掛からない建物はありません。はい、断言します。なぜなら劣化は必ず起きると言う事です。建物の劣化や住まう人にも起こります。塗替えだったり老化によるリフォームだったり・・・。メンテナンス費用は適正に掛けて、むしろメンテナンス費用が適正になる住宅を取得して下さい。
 

⑥未来を知る(気付く)

今、建てる家は、35年程の未来にローンを完済するとしましょう。では、今建てようとしている家は35年後に向かって劣化していきます。でも、イメージはつきにくいと思います。例えば、今が35年後にタイムトリップしたと仮定すると周りには35年程前に建てられたそうな建物があります。見た印象はどうですか?デザインも古ければ素材も劣化して古くなっていますね。それが同じ様に起こると考えるのがベターです。しかも、35年後に向かうまでに、日本は何処に向かっていくのでしょうか?それによりどんな措置を住宅に講じていくのでしょうか?そんな事カンケーないよ、そんな事どうでも良いじゃないか、と聞こえてきそうです。35年後に向かってそれが大いに関係するのです。
日本はCOP11の京都議定書に基づき、2050にカーボンニュートラルを宣言しました。どう言う意味かサッパリ分からないと感じてる方も多いかと思いますので、それはまた別のコラム【国民が望む事は、国がたすけてくれる?】で解説していきますね。

では、今回はこの辺で終わります!
 
貴方の素敵な家づくりが成功しますように。
#省エネ住宅 #お金 #資産価値 #家づくりの基礎知識 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社GATEの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.05.20

春日井市の住みやすさは?
名古屋へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリアは?

株式会社GATEの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.12

春日井市で注文住宅を建てる際のお悩み項目ランキング!
~間取り編~

株式会社GATEの家づくり写真
庭のある暮らし
2024.04.27

春日井市で庭のある暮らしをご提案します!

株式会社GATEの家づくり写真
お金
2024.04.16

住宅省エネ2024キャンペーンがいよいよはじまりました!

前へ
間取り(プラン)はお見合いのようなもの?建築家との注文住宅づくりとは
春日井市の坪単価は?~そもそも坪単価ってなに?意外と知られていない坪単価の基準~
次へ
間取り(プラン)はお見合いのようなもの?建築家との注文住宅づくりとは
春日井市の坪単価は?~そもそも坪単価ってなに?意外と知られていない坪単価の基準~

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

基礎施工

住宅基礎

「住宅基礎なんてどこも同じ。」思われている方が多いと思いますが、実は大きく違います!R+house春日井が毎月開催している家づくり勉強会では、建物だけでなく、地盤や基礎についても、その大切さをお話ししていますが、参加いただいたお客様からは「他では聞いたことがないので勉強になった。」や「目からウロコでした。」などの感想をいただく事が多いです。R+houe春日井は、実際に『高性能基礎HySTRONG』に出会い、これまでの一般的な基礎との違いを実感しているからこそ、一人でも多くの方に、その重要性とリスク回避できる高性能基礎を知っていただきたいと思っています。
SI邸外観

高性能な家づくり

2050年、私達日本はカーボンニュートラルとしており、先進国として世界宣言を達成する構想が既に動いています。(経産省)これに伴い、企業のみならず一般家庭にも様々な規制や義務が始まっています。そんな中、住宅を造る我々は、住宅性能を高める事で電力依存を最小限にします。それを叶えるのが気密・断熱・劣化・日射遮蔽・耐震・換気・メンテナンスといった性能です。
お引渡し時のひとコマ

完成保証とアフターサポート

家づくりは「お引渡し」で終わり、ではありません。むしろ、お住まいになられてからがスタートです!暮らし始めてからの安心サポートの内容をご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社GATEの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

株式会社GATE
住所
愛知県春日井市如意申町4丁目19-3
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜日